Information Technology

見るメディア

映像作品におけるDVDの新たな活用方法

従来から映像作品は人々の視覚に直接訴えかけることができるメディアとして広く支持を得てきております。 特にビデオとして記録された作品は、記録媒体と再生機器があれば好きな時に視聴することが可能となっており、観る側にとっては放送とは違った能動的な活用方法がメリットとなっています。 現在では映像作品の記録媒体もビデオテープからDVDといた光学方式のディスクへとほぼ移行が完了している状況にあり、取り扱いの手軽さを逝かした新たな活用方法も広がり見せております。 ディスク自体の物理的な構造が薄いという特徴に加えて、DVD制作における低コスト化やノウハウの蓄積も進んできており、パッケージとしての販売のみならず、雑誌や書籍の付録や広告としての配布物という用いられ方も一般的となってきているのです。

実際のDVD制作には何が必要となるのか

どのような目的であってもDVDの映像作品を世に送り出すためには、DVD制作に関しての一連の作業が必要となります。 映像を記録することに関しては、昨今の市販のビデオカメラも高性能化と低価格化が進んでおり、プロユースの機材でなくてもそれなりのクオリティの作品を作り上げることは可能です。 ただ、DVDビデオとして再生可能な状態の作新として仕上げるためにはオーサリングといった編集作業や、プレスによる製造も含んだ生産工程が必要となってきます。 設備は勿論のこと技術やノウハウも求められるため、DVD制作にあたっては専門の業者に依頼する形が一般的となっています。 業者によっては、作品の編集作業のみを請け負っていたり、製品としての媒体製造のみを扱っていたり、あるいは撮影から製造までDVD制作をトータルで担当していたりと様々な形態に分かれているため、予算や目的に合わせて選択することが求められます。