Information Technology

テレビ広告の変遷

動画プロモーションに求められる価格の傾向

動画プロモーションという手法はテレビが一般的な存在となり、広く普及し始めた頃からの宣伝手法です。近年では広く利用されている常套手法であり、効果的に注意を引き、興味関心を高めるという効果を期待して作られています。 一昔前まではこの様な映像コンテンツはテレビの独壇場でしたので視聴率の高い時間と番組の枠を活用すると高額な価格が必要になるのが常でしたが、最近では動画プロモーションをインターネットで配信するという手法が採用されるようになってきており、その広告費用も下降していく傾向にあります。特に若い世代はテレビを離れてインターネットを活用すると言われており、ターゲットに応じた広告媒体の使い分けも進んでいます。

動画プロモーションの歴史的な変遷について

動画プロモーションはテレビという動画を楽しむことのできるツールが家庭に広まったことによりスタートした宣伝手法です。興味関心の有無に関係なく、お茶の間に宣伝することができるという動画プロモーションは知名度アップや良いイメージの刷り込みに非常に効果を発揮していると言える手法であり、現在でも活用されています。 その手法は動画プロモーションの歴史の中でも変化を続けており、現在ではテレビを離れてインターネット上での宣伝活動が積極的に行われるようになってきました。かつてはテレビの独壇場であった動画プロモーションも、今では広く様々な媒体で閲覧することができるようになってきたため、幅広い選択肢が生まれたのです。