広告制作を依頼するならプロにお任せ

映像制作会社

テレビに放送する広告の作成は、経験が豊富な映像制作会社に依頼する事が大前提になります。宣伝効果を高めるという点に置いて、通常の映像制作とは一線を画す物がテレビ広告と言えます。

詳細を確認する

見るメディア

製造制作に置いて、映像としてのメディアが大きな指示を得ています。DVD等の媒体に記憶された映像は繰り返し見る事ができるので、放送とは違ったメリットがあります。そのための専門業者も存在し、制作までのトータルサポートを依頼する事も出来ます。

詳細を確認する

テレビ広告の変遷

テレビ広告は一般的な手法と言えますが、インターネットを介したプロモーション動画の配信も宣伝の手法として取り入れられています。テレビ広告よりも低価格で宣伝が行なうことが出来るので、幅広い選択肢の一つとして利用されています。

詳細を確認する

電話を活用

通常の広告と違った手法として、テレアポを活用したマーケティングが挙げられます。成果報酬型のところも多く、代行を請け負っている業者もあります。少人数の会社でも委託することで効果的な営業活動が行なえます。

詳細を確認する

枠の購入

テレビ広告の制作について

広告代理店はテレビ広告の制作を映像制作会社に発注することになります。そのため、クライアント企業は映像制作会社に直接発注したほうが早いと考えがちです。また、広告代理店を通さなければその分の費用が安くなるとも考えます。しかし、テレビ広告を作成したいクライアント企業は必ず広告代理店に話を通した方が得策です。その理由として、映像制作会社はメディアのバイイング能力は持っていません。バイイング能力とは、テレビ局が用意する広告枠を買う力のことをいいます。大きな広告代理店であればあるほど、テレビ局の広告枠を仕入れやすいという傾向があります。そのため、テレビ広告を放送したいクライアントは映像制作会社ではなく、広告代理店に発注する必要があるのです。

映像制作にかかる費用

映像制作の中でも、特にテレビ広告は費用がかかるものです。広告効果を求めるとすると、有名な芸能人やタレントを起用することがあります。これらのタレントの出演料だけでも高額になってしまいます。また、多くの視聴者に共感を呼ぶテレビ広告を作成するためには、クリエイターの起用が必要となります。実績のあるクリエイターを起用するためには、クリエイターに支払う制作費用も用意しなければなりません。テレビ広告は実に多くの人が制作に関わるため、費用が高額になりがちなのです。しかし、制作については自社で行う等の工夫をすれば製作費用を抑えることができます。一般的には数千万円ほどかかることもありますが、自社の予算に合わせた映像制作も可能です。

メールを使う

メールを使った方法として、メールマガジンがあります。メールマガジンはコンテンツの内容によって大きく左右されるので、コンテンツを如何に作れるかが勝負になってきます。無料や有料の物があり、簡単に出来る事から人気があります。

詳細を確認する